中学2年生

【文字式の利用】等式変形の実践問題を解いてみよう!

本記事では前回学習した等式変形の実践問題をどんどん解いていこうと思います。今回ご紹介する問題が解ければ基本的にどんな等式変形の問題も解けると思います。1つ1つ丁寧に解いていきましょう。ちなみに「等式変形って何?おいしいの?」、という状態の場合は、以下の記事を読んでから問題に臨んでください。そうしないとチンプンカンプンでまずいと思うので。

等式変形の解き方・やり方の基本を完璧にしよう!

 

実践問題!

次の等式を[ ]の中の文字について解きなさい。

① 3xy=6 [y]

② 3x+4y=5 [y]

③ x-2y=5 [y]

④ V=1/3Sh [h] ※1/3は3分の1を指します。

⑤ c=5(x+y) [x]

 

少し複雑そうに見えますが、丁寧に移項し、逆数を計算していけば割と簡単に解けます。⑤に関してはちょっと難しいかもしれませんが、分からなくなったらまずは計算できるとこまで計算してから解いてみるといいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

解答&解説

上記が①~⑤の問題の模範解答です。見ていただければわかるのですが、どれも特別な計算はしていません。前回ご紹介した3つのポイントを守って解いているだけです。このやり方さえ分かっていれば多少ひねられた問題が出題されても解くことが出来るようになります。少し難しいのは④の問題だと思います。④のように与えられた式に分数が出てきたら、「分数の逆数を両辺に掛けて消してしまう」という解き方は非常に有効です。なぜなら式がとても単純になるからです。

簡単にしてからルール通り解いていけば、模範解答にすぐにたどり着けると思います。⑤の問題に関しても、5(x+y)の部分を5x+5yにしてから解けば他の問題と大差ありません。このような問題が出てきたとしても焦らずに、まずは解けるところまで解いてから計算するといいでしょう。

いかがだったでしょうか?学校の教科書やワークにもたくさん等式変形の問題は乗っています。その問題をソッコーで解けるようにしてしまえばまず間違えないと思います。練習を繰り返して自分の力で自信をもって解けるようにしていきましょうね。次回は等式変形を用いた文章題にチャレンジしていこうと思います。文章題に入ると一気に理解できない生徒が増えます。気合を入れて取り組むようにしてくださいね。私も超気合を入れて文章を作成しようと思いますので、それでは次回の記事でお待ちしております!ちゃんと復習してくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です